≪ 2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12.02 Fri
二択
「自分をポジティブと思うか?それともネガティブと思うか?」と質問されたことがあります。
迷うことなくネガティブと答えました。
即答でした。
若干、ネガティブでありたいという希望も含んでいます。
質問者からだと(いいかげんな性格の)私はポジティブに見えるようで、「なぜ?」と訊かれました。
「ネガティブが最後に笑う (^-^)」が私の持論(というほど大袈裟なものでもないですけど)です。
そう答えると今度は以下のような例えで質問されました。

「もし、雪山で遭難してしまったとしたら、絶対に助かると信じて良い方向に考えるポジティブの方が耐えられるのでは?ネガティブだと悪い方向に考えてしまい事態は好転しないのでは?」

ここでネガティブの本領が発揮されることになります。
遭難する恐れがあるような所にははじめから行きません
石橋を叩いて渡るという諺がありますが、危機が予想されることには石橋を叩いても渡りません。
虎穴に入らずんば虎子を得ずとも言いますが、それは勝算があってのことです。

無事でありたい。
無事がいちばんです。
無事であれば大抵のことはできます。
ネガティブにはたしかに「消極的な、後ろ向きな」という意味もあります。
暗いイメージを持っている方もいらっしゃるでしょう。
しかしネガティブは無事へと繋がり、延いては健康へと繋がります(怪しいしかなり無理矢理☆)。
ネガティブ健康法
なんか生活の知恵みたいです。

最後に、ここで述べたことは私のごく個人的な意見であり、多少のおふざけが含まれています。
ポジティブorネガティブ、どちらが良いのかは一概に言えるものではなく、各々が判断することだと思います。
お粗末な話、失礼しました。 (_ _)
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記
ひとりごと   TrackBack:0   Comment:4
HANA
いや、素晴らしいですよ!+*
ワタクシ…ネガティブ派なんですが。
全てにおいて暗くて後ろ向きなわけでもなく、まさに石橋の例えがワタシの生き方そのもので!(笑)
窮地に追い込まれるような橋はどんな事があっても渡らないですからねぇ。
なるほど、そんな例え方があったのか、と感心しました(*>∪<)
2005.12.02 Fri 09:45 URL [ Edit ]
ハル
ネガティブはホントいいものですね。
石橋だって倒壊することがあります。
慎重に慎重を重ねて渡らないという選択は
人として(?)当然の行為だと思います。
ポジティブに考えると勝算無しの「虎穴に~」は
ときに必要なのでしょうが、
ネガティブとしてはまずあり得ないですね。
変な文章書いちゃってすみませんでした。 (_ _)
2005.12.02 Fri 21:35 URL [ Edit ]
chai
どうでしょうか。よくいい性格って言われますから。ポジティブでしょうか。ネガティブでしょうか。でも、危険を顧みず行動を起こすというのも考え方によってはただのバカなのかもしれませんが。
まあ、ここぞって時に勇気みたいなのはとっておけばいいですよね。
2005.12.03 Sat 23:05 URL [ Edit ]
ハル
勝算も何も無しに危険を冒すのは無謀ですけど、
八方塞の状況では冒さざるをえないのかもしれませんね。
そういうときにはネガティブは弱いかもしれません。
ネガティブはいかにそういう状況にならないようにするかが勝負だと思います。
私、用意周到さが求められるネガティブなのに、ちゃらんぽらんな性格です (´□`)
2005.12.04 Sun 00:07 URL [ Edit ]
Secret

TrackBackURL
→ http://fairweather.blog28.fc2.com/tb.php/68-bbdce300
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。