≪ 2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11.15 Tue
不覚
親指姫といえば、童話においては小さい、かわいらしい、心優しい、常に受身で周りに流されやすい、薄幸といった印象です。
が、しばしば「お父さん」と例えられるように親指には力強いイメージがあります。
このイメージは本来の親指姫のものとは異なります。
もし「親指」姫でなく、他の指だったらどんな子なのでしょうか。
各指の持つイメージから独断で考えてみました(親指も再考)。


[親指姫]
家族のために身を粉にして働く。最近の悩みは通勤時のラッシュと娘とのコミュニケーション。

[人差し指姫]
家計を切り盛りするしっかり者。長くて呼びづらいけど。

[中指姫]
小人界の大巨人。しかし飛び抜けて大きいわけでもない。

[薬指姫]
優しいおねぇさん。ただし現在、反抗期。父親との間にすれ違いを感じている。

[小指姫]
かわいい一家のアイドル。一見、非力そうで戦力外と思われがちだが力を入れるとき重要な存在。


しまった!!

「姫」じゃないのがいる!!!!!
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記
ひとりごと   TrackBack:0   Comment:0
Secret

TrackBackURL
→ http://fairweather.blog28.fc2.com/tb.php/54-1f59be2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。