≪ 2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11.06 Sun
すれちがい
ときに動物たちは可愛らしい仕草で我々を楽しませてくれます。
一時期、シロフクロウが笑ったような顔をすることが話題になりました。
しかし、それはシロフクロウの威嚇のようです。
人間は威嚇されて喜んでいる、と誰かが言っていた覚えがあります。
シロフクロウに限らず、人間が見て喜ぶ動物の行動には敵愾心が込められていたりします。

人間と動物の間に見解の相違があることに面白みを感じますが、実際に飼っている人にはちょっと笑えない事実です。
せっかく可愛がって世話しているのに、まったくなついていないんですから。
まさか威嚇されるなんて思ってもみなかったでしょう。
(ペットの)食事の準備も寝床の用意もフンの処理もすべて飼い主がやります。
そんな御主人様にはペットから笑顔のプレゼント。
が、実際には「キシャーーーッ!! (唸り声)です。

でもまあ、これは極端な例かもしれませんね。
長く飼っていればペットも馴れて威嚇しなくなるでしょうし。
特別な仕草をしなくたって可愛いですよきっと。
かくいう私はペットを飼ったことがないんですが。
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記
ひとりごと   TrackBack:0   Comment:2
chai
飼い主は飼ってあげてるのだからという気持ちがあるのか、勝手な解釈で、ペットに気持ちを押し付けているのでしょうか。
私は長く犬を飼っていましたが、彼は、自由な人でした。よくかまれました。
彼らにとっては飼わせて上げているという気だったのでしょうか。
今はいい思い出でです。
2005.11.06 Sun 19:45 URL [ Edit ]
ハル
犬には、飼い主の立場の方が上であることを認識させる必要があるとよく聞きます。
飼い主とペットがお互いうまく暮らしていくための躾なのだと思いますが
それも人間側の意見にすぎないのかもしれませんね。
でも飼う以上は人様に迷惑をかけるわけにもいきませんし、難しいところですね。
2005.11.06 Sun 22:28 URL [ Edit ]
Secret

TrackBackURL
→ http://fairweather.blog28.fc2.com/tb.php/43-e1029c2a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。