≪ 2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.03 Mon
箱の罠
お伽噺の三大(?)太郎といえば桃太郎、金太郎、そして浦島太郎。
これらは日本で最も有名な昔話ベスト3と言っても過言ではないでしょう。
ただ…

浦島太郎?!

『桃太郎』、『金太郎』と『名』、『名』ときておいていきなり『姓+名』っぽい!!
1人だけいいなぁ!
私が桃太郎だったら嫉妬しますよ彼に。
というわけで今回は浦島太郎です。

ご存知のとおり、浦島太郎は「決して開けてはならない」と言われていた玉手箱を開けてしまい老人になってしまいます。
…彼が哀れでなりません。
もし、玉手箱を開けていなかったらどうなっていたでしょうか。
龍宮城から戻ってきた浦島太郎は見慣れたはずの故郷の変化に気がつきます。見知った顔がいない。そしてなにより母の姿が見当たらない。彼は龍宮城に行ったあの日から、乙姫と楽しく過ごしているうちに随分時が流れたことを知ってしまいます。
この時点で、つまり玉手箱を開けなくても彼は十分絶望をあじわうのです。しかしさらなる試練が彼に襲いかかります。彼は玉手箱を……玉手箱を…開けてしまうのですっ(T-T)!!
ひどいよー。彼の青年期、キャバクラのみってことですか!?
もっと他にもすることあったでしょうに。家庭を持つこともそうです。仕事を究めていくこともそうです。それが一瞬(実際はかなり長期)にして崩れ去ったのです。
せめて彼の晩年に幸あれ!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→ http://fairweather.blog28.fc2.com/tb.php/4-75d36933
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。