≪ 2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.30 Sun
おむすび景気
おむすびが転がっていきます。
おむすびころりん。
おじいさんが不覚にも手をすべらせお昼のおむすびを落としてしまいます。
おむすびは坂を転がり穴の中へ。
中ではネズミたちがおむすびで餅つき。
おむすびのお礼におじいさんはごちそうでもてなされ、おみやげに金、銀、小判までもらいます。

ここまでで分かることが2つ。
おむすびが(多分)もち米でできていたことと、ネズミたちがおかしいということです。
ネズミたちは、おむすびのお礼に(米がなかったんですね)ごちそうします。
大事なお客様にお出しする御馳走です。
ヘタな料理は出せません。
豪勢な料理の数々が用意されたことでしょう。
その御馳走を前に、ごはんなし?
嫌がらせですか?
白いごはんで食べたいです。
ただ、おじいさんのおむすびはもち米、うるちはあったのかもしれません。
それならごはん食べられたはず。
ほっ。 ( ̄o ̄)
ごはんの問題は解決しました。
しかし、おみやげの小判です問題は。
もち米買いなさいよ!!
地面を転がって土や砂に塗れたもち米を使ずとも、新米さえ買える経済力があったわけです。
むしろ買った方が出費を少なく抑えられます(もち米代<<接待費)。
ネズミ、おかしいです。
経済感覚ゼロです。
何、この富豪っぷり。
ネズミの家計、いつの日にか逼迫されそうです。

なぜお伽噺の動物たちは金持ちなのでしょうか?
ふーしーぎー。
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記
ひとりごと   TrackBack:0   Comment:0
Secret

TrackBackURL
→ http://fairweather.blog28.fc2.com/tb.php/36-be0e099f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。