≪ 2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09 ≫

--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.19 Wed
ゆずれないこだわり
赤ずきん。
童話の主人公の女の子の愛称ですがタイトルにもなっています。
おかあさんにも、おばあさんにも、オオカミにも、『赤ずきんちゃん』と呼ばれます。
みんな愛称で呼ぶので本当の名前は分かりません。
ジャ○子ちゃんと同じです。
赤い頭巾を被っているから『赤ずきんちゃん』。
見たままですね。
この方式だと江戸時代の辻斬りは『黒ずきんちゃん』です。
いつも被っているといっても頭巾も洗濯するでしょう。
たまには他の色や模様の頭巾はどう?と勧めてみたいものです。
しかし『赤ずきんちゃん』と呼ばれるほど赤い頭巾がお気に入り。
すぐに乾かなくても替えの同じ赤頭巾があるはず。
さらに2枚では足りないこともあるでしょうから何枚も持っているはずです。
漫画で金持ちが同じ服を何着も持っていたりしますが、それと同様のことをしちゃってるわけです。
こだわってます。
この調子だと生地にもこだわってそうです。

数日続く雨のせいで洗濯物が乾かない。
赤い頭巾もすべて乾かず替えがない。
可愛い娘ががっかりすると思い、急いで新しい頭巾を用意したおかあさん。
時間がなかったので生地がいつもと違うけど色はもちろん赤。
なんとか間に合いひと安心。
しかし…
「生地が違うじゃないの生地が!手触りが違うのよ!!

おかあさんががっかりです。
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記
ひとりごと   TrackBack:0   Comment:0
Secret

TrackBackURL
→ http://fairweather.blog28.fc2.com/tb.php/23-c7e03da2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。